Q&A

Q1.今まで人の手で行っていた作業を機械化したいのですが、できますか?

Q2.市販装置を購入したいが、もっと低コストで必要な機能だけ購入したいのですが。

Q3.生産ラインに合うように、市販の装置を改造したい。または、旧型の装置を新製品用の生産ラインに合うように、改造したい。

Q4.ユニット単位で、製造・組立ができる外注を探しているのだが。

Q5.研究開発・研究サポート業務の費用はどれくらいかかりますか?

Q6.研究開発・研究サポート業務で目的が達成できない場合はありますか?

Q7.研究開発・研究サポート業務を依頼するときの仕事の進め方はどうすれば?

Q8.研究開発・研究サポート業務はどれくらいの納期で行えますか?

Q9.生産現場の「困りごと・課題」解決業務の費用はどれくらいかかりますか?

Q10.生産現場の「困りごと・課題」解決業務を依頼するときの仕事の進め方は?

Q11.生産現場の「困りごと・課題」解決業務はどれくらいの納期で行えますか?

Q12.外部に漏らしたくない機密情報があるのですが、どのような対応をとってもらえますか?

Q13.研究開発・研究サポート業務で、作成された図面は、全てもらえますか?

Q14.研究開発・研究サポート業務で発生した発明品の権利の帰属はどうなりますか?

Q15.製作出来るサイズはいくつまでですか?

Q16.現在使用している部品と同じものを製作したいのですが、図面がありません。現物と同じものの製作は可能ですか?

Q17.焼入・メッキ・コーティング等の表面処理にも対応可能ですか?

Q18.CADデータをメール受信できますか?

Q1.今まで人の手で行っていた作業を機械化したいのですが、できますか?

A.設計部門とご相談いただき、装置のアウトラインを提示していただければ、ご希望の要求、価格に合う機構、動作の自動機・装置を設計・製作致します。
業種を問わず、様々な装置をお取り扱いしておりますので是非お問い合わせください。

Q2.市販装置を購入したいが、もっと低コストで必要な機能だけ購入したいのですが。

A.半導体製造装置は、現在多くのメーカーが様々な仕様で販売しておりますが、そのほとんどが規格・標準品として売っており、生産ラインに合わせる為には、オプションや仕様変更などの改造が必要かと思います。当然、本体価格プラス改造費が必要となり、結果として装置全体のコストが高くつくのが現状です。
 当社は、はじめからお客様の要望に合致した装置を設計・製作いたしますので、余計な改造費が必要なくなる上、バーコード生産管理システムにより、短期間で効率よく製作しますので、人的製造原価もかさむことなく、低コストで購入が可能です。

Q3.生産ラインに合うように、市販の装置を改造したい。または、旧型の装置を新製品用の生産ラインに合うように、改造したい。

A.当社では、他社の装置の改造も行っております。生産ラインにしっかりと合うように、改造の設計、製造、組付、電気ソフト改造、調整をいたします。
 また、歩留まりの悪い旧型の装置を改造し、新しい生産ラインに使用することも可能です。
最近は、製品のライフサイクルが早くなっており、既設備を新製品用に改造するご案件も多くございます。コスト面でも、改造は効率化に有効な手段です。

Q4.ユニット単位で、製造・組立ができる外注を探しているのだが。

A.もちろん可能です。図面をいただければ、当社のバーコードシステムによる生産工程管理により、指定納期に確実に納品致します。材質は、鉄・SK・ステンレス・アルミ・真鍮等を常時在庫し、ワイヤーカット・フライス・旋盤・マシニング・研磨等により、しっかりした良い製品を製作致します。
値段においても、極力お客様のご予算に協力致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
部品のみの製作期間は、表面処理等を含め、通常約2週間をいただいています。

Q5.研究開発・研究サポート業務の費用はどれくらいかかりますか?

A.研究開発は、様々なケースがありますので、一概には申し上げられませんが、原則として、当社の設計費用は1時間\4,800/1人、加工は1時間\4,200/1人、組立が1時間\4,200/1人が目安です。まずは、ご案件ごとにお見積もり書を提出しますので、ご検討頂ければ幸いです。製作途中で仕様が変更になった場合等、追加料金が発生するケースでは、作業を行う前に追加料金が発生する旨のご了解を伺いますので、全て事前にかかる費用を確認しながら進めることができます。

Q6.研究開発・研究サポート業務で目的が達成できない場合はありますか?

A.事前の検討後に受注させて頂いたお仕事で、目的が全く達成できないことはありません。
しかし、目的を達成するために仕様の変更をお願いする場合がございます。そのような場合は事前に、お客様と細かいお打ち合わせを行い、最善の方法を検討して、ご了解をいただいてから実施させて頂きます。
 また、当初想定した道程が間違っていたことに気づき、別の方法で目的に達成することもございます。この場合も逐次、細かいご報告とご了解のもとに進めて参ります。
研究開発は、失敗を重ねることが大切な課程ですが、費用負担をできるだけ軽減する為、事前の検討段階で、案件に対する考えられる限りのリスクを検討し、チャレンジする項目と、保証できる項目を明確にしてご説明いたします。案件の特性にも寄りますが、事前の検討段階でチャレンジする必要性が感じられず、目的達成までのビジョンが描けないと判断された場合は、事前にその旨をお伝えいたします。当社にて、勝算の全く無いお仕事は、受注することはできないと思っております。

Q7.研究開発・研究サポート業務を依頼するときの仕事の進め方はどうすれば?

A.もし、ご不明点、ご質問等ありましたら営業-久保までご連絡下さい。すぐに対応いたします。

Q8.研究開発・研究サポート業務はどれくらいの納期で行えますか?

A.案件により、大きく変わりますので一概には申し上げられませんが、通常の簡易治工具でしたら、発注後(事前打ち合わせを除く)、設計に3週間・加工に2週間~3週間・組立に1週間~3週間程度見て頂ければと思います。加工設備が社内にある上、設計段階から加工を加味・想定して設計しますので、上記以上の短納期も御対応できる場合もございます。

正式には、ケースごとのご回答になりますので、遠慮無くお問い合せ下さい。
お問い合わせはこちらです。 ▸研究開発・サポート業務のお問い合わせ

Q9.生産現場の「困りごと・課題」解決業務の費用はどれくらいかかりますか?

A.本件は、様々なケースがありますので、一概には申し上げられませんが、原則として、当社の設計費用は1時間\4,800/1人、加工は1時間\4,200/1人、組立が1時間\4,200/1人が目安です。まずは、ご案件ごとにお見積もり書を提出しますので、ご検討頂ければ幸いです。製作途中で仕様が変更になった場合等、追加料金が発生するケースでは、作業を行う前に追加料金が発生する旨のご了解を伺いますので、全て事前にかかる費用を確認しながら進めることができます。

Q10.生産現場の「困りごと・課題」解決業務を依頼するときの仕事の進め方は?

A.もし、ご不明点、ご質問等ありましたら営業-久保までご連絡下さい。すぐに対応いたします。

Q11.生産現場の「困りごと・課題」解決業務はどれくらいの納期で行えますか?

A.案件により、大きく変わりますので一概には申し上げられませんが、通常の簡易治工具でしたら、発注後(事前打ち合わせを除く)、設計に3週間・加工に3週間・組立に1週間程度見て頂ければと思います。加工設備が社内にある上、設計段階から加工を加味・想定して設計しますので上記以上の短納期にも御対応できる場合もございます。

正式には、ケースごとのご回答になりますので、遠慮無くお問い合せ下さい。
お問い合わせはこちらです。▸生産現場の「困りごと・課題」解決業務のお問い合わせ

Q12.外部に漏らしたくない機密情報があるのですが、どのような対応をとってもらえますか?

A.まず、守秘義務契約書(秘密保持契約書)を取り交わし、機密情報の取り扱いについてお客様との整合性を行います。

設計検討段階で、外部業者の打ち合わせが必要なときは、機密資料を概念図に書き換えて資料とし機密資料が直接外部業者の目に触れぬようにしております。

 また、加工図面にはお客様の企業名・ユニット名・目的名等は一切記載せず、加工を外部業者に委託する場合は、必ず図面を回収することを義務づけております。(場合によっては、委託業者との守秘義務契約を締結する場合もあります。) 加工が終わった図面は、済図面として保管され、1年が経過したものから当社員の手によって、市の処理場への持ち込み焼却を行っています。

組立作業中は、現物が他のお客様の目に触れぬよう、暗幕を張って視認できないようにする場合もございます。

さらに、パソコン・携帯用記録媒体の社外持ち出し及び、WINNYその他のネットワーク閲覧ソフトの個人宅での使用も厳禁とし、ファイヤーウォールによる監視とウィルスチェックによる情報管理を常時行っています。

Q13.研究開発・研究サポート業務で、作成された図面は、全てもらえますか?

A.組図・加工図含め、全てお渡しいたします。

お渡しする図面は紙媒体でお願いしておりますが、データにてご希望される場合、データでもお渡しすることは可能です。ただ、データでの納品は、当社のCADと互換性が無い場合、全ての図面をデータに変換しなくてはならない為、些少のご費用が発生する場合がございます。(当社のCADは、富士通社のi CADと、CoCreate社のME10を使用しています)

Q14.研究開発・研究サポート業務で発生した発明品の権利の帰属はどうなりますか?

A.原則として、守秘義務契約書(秘密保持契約書)の内容によります。(ほとんどがお客様の権利に帰属いたします。)

同契約書が締結されていない場合、もしくは記載が無い場合は、その都度お客様とご相談させていただいております。(共同で特許申請させていただいたケースもございました。)

Q15.製作出来るサイズはいくつまでですか?

A.加工出来るサイズについては、こちらを御覧になって下さい。▸設備詳細

組立可能なサイズは、幅2~3メートル・長さ5~6メートル・高さ2.6メートル程度です。
個別案件については、お気軽にお問い合せ下さい。▸お問い合わせ案内へ

Q16.現在使用している部品と同じものを製作したいのですが、図面がありません。現物と同じものの製作は可能ですか?

A.当社で採寸し、図面を製作の上、加工可能です。その際は、図面の交差部分等のご指示をいただいた上で加工に入ります。
※採寸・図面化費用が別途かかります。

Q17.焼入・メッキ・コーティング等の表面処理にも対応可能ですか?

A.もちろん対応可能です。使用用途により、最適な表面処理・焼入等のご提案を致します。耐摩耗性、耐熱性、耐薬品性、滑り性の良いもの、ブラスト処理、磁性の除去処理等に至るまで、広範囲な知識でお役に立てるよう対応させていただきます。

Q18.CADデータをメール受信できますか?

A.3Dデータ(IGES・STEP・PARASORID他)及びDXF、DWGファイルの受付が可能です。(当社のCADは、3D 対応の「i CAD」と「ME10」です)データは、一度確認させていただきますので、できれば同時にPDFなどで図面画像も添付していただければ助かります。

お問合せフォーム
採用情報